FC2ブログ

プロフィール

projectk

(株)巧建築企画(東京都中央区の一級建築士事務所)の建築日誌
現在建築中の”建物”の設計から竣工までの物語を公開しています。


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


ご訪問ありがとう!

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

  RSSリーダーで購読する

My Yahooへ追加

Google Readerへ追加

2018年 10月

かさ

ゲリラ豪雨が終わったと思ったら、次は台風の季節。
しかも記録的な暴風雨です。

さて、台風も来る、秋雨前線も居るこの時期は、傘が欠かせません。

家に帰った時、さしてきた傘をどうしていますか?

玄関先の傘立てにさしたまま、気づいたら乾いていた、ということはありませんか。

濡れたままの傘を玄関に置きっぱなしにすると、玄関の湿度が上がり、カビや雑菌の繁殖しやすい環境になります。

玄関は最も重要な場所。

良い気を迎え入れるために、清浄を保つべき場所が、ジメジメした陰の気で満ちてしまっては家の運気が下がります。

濡れた傘は、早めに乾燥させましょう。

傘立てに溜まった水も、こまめに捨てるほうがいいです。

雨があがったら、傘立てを日光消毒するのもおススメです。

快適風水で健やかにお過ごしください。
                                                                澤伎映利沙



e_03.gif←ランキング参加中。
スポンサーサイト

2018年 9月

塩2


とある講座で、豆腐を作りました。
できたての温かい豆腐は、塩をかけるだけで美味しい!
いつまでも暑い夏に、塩のありがたみを改めて感じました。

塩と水と私たちの関係は深いです。

塩は水分や湿気を吸収し、細菌の繁殖も抑えます。

実はそれだけではありません。風水で水が意味するものは、邪気、霊、目に見えない陰の世界なども含まれます。
必要とされないジメッとしたものと考えれば、共通していますね。

塩はこれらを吸収し、私たちを守ります。

店先や室内の隅に置かれている盛り塩も、そんな意味があるのです。

我が家でも昔は、お米をカラカラに煎って、塩の瓶に入れ、自然の乾燥剤にしていました。

風水ライフはスローライフ。できることから始めてみませんか。

季節の変わり目、快適風水で健やかにお過ごしください。

                                                澤伎映利沙



e_03.gif←ランキング参加中。

2018年 8月

香取線香

形にも、作用があるのをご存知ですか。

尖ったもの、先端、鋭利な角は、向いている方向にエネルギーの乱れを起こします。

三角形の角がこちらを向いている状態のことです。

落ち着かない気持ちになります。

リビングや寝室で自分のいる場所から周りを見回してみてください。尖ったものが見えませんか?

なんだか調子が悪いと感じている方、暑さのせいだけではないかもしれません。


今までの経験値が通用しない異常気象が世界規模で今後も続くといわれています。

ということは、

環境を知り、自然界の摂理を学び、そこから知恵をつけていく必要があるといわれている気がします。


快適風水で、猛暑を乗り切ってください。


                                                澤伎映利沙



e_03.gif←ランキング参加中。

古い木造建築部などの建替えで助成金が受けられます!

現在東京都では、木造建物密集地域の不燃化を進める
ための建替え助成制度があります。

対象区域内で木造等の建物の建て替えをする場合、
建替え費用の助成金が受けられ、建替えにかかる費用
を軽減
することができます。

助成の内容は区により異なりますが、例えば、

(品川区で50坪の木造建物の建替えをする場合)

  ・解体工事の費用に対して 最大 約430万円
  ・建替え工事の費用に対して 最大 約520万円

合計 最大 約950万円の助成金をうけることができます。
不燃化特区区域図3

不燃化特区区域3

建替えをお考えの皆様にとって、とても有利な制度です。

詳細なご説明、ご相談承っております。

お気軽に私共までご相談ください。





e_03.gif←ランキング参加中。

品川区戸越2丁目Yビル(シェアハウス)

品川区戸越2丁目Yビルが竣工しました。

部屋数10室。女性向けのシェアハウスです。

外観2


木造3階建の建物ですが、用途規模上の規制から木造軸組工法に
よる耐火建築物とし、品川区の不燃化特区支援制度による助成を
活用しています。


□不燃化特区支援制度のご紹介□

木造住宅密集地域の不燃化促進を目的として東京都が行っている
期間限定(平成32年度まで)の制度です。23区内に合計53地区が
指定されており、指定地区内の一定条件を満たす老朽建築物の建
替に際して、既存建物の除却解体費用や新築建物建設費用等の
助成、税金(固定資産税、都市計画税)の減免等を受けることが
できます。 (助成の内容は区により異なります。)

老朽建築物の建替をお考えの皆様、ご相談承ります。
是非ご一報ください!




e_03.gif←ランキング参加中。
 | ブログトップ |  » ▲ page top