プロフィール

projectk

(株)巧建築企画(東京都中央区の一級建築士事務所)の建築日誌
現在建築中の”建物”の設計から竣工までの物語を公開しています。


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


ご訪問ありがとう!

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

  RSSリーダーで購読する

My Yahooへ追加

Google Readerへ追加

2018年 6月

カーテン


今月は夏至がやってきます。
いよいよ「夏」の到来です。

高温多湿のシーズンは、カビが発生しやすくなります。
部屋の隅、クローゼットの奥など、空気が動かない場所は要注意です。

要注意な場所は他にもあります。
例えばトイレ。
カビやすいこの季節、不浄な場所こそ、清潔にしておきたいですね。

運気アップにはフタを閉めることも大切ですよ!

そして位置も大事です。
トイレに適した場所はありませんが、家の中央は避けましょう。
トイレのばい菌が家中に撒き散らされてしまいます。

玄関のトイレや、玄関の真上も避けたほうがいいです。

玄関は、家の顔ですから。

快適風水で、健やかにお過ごしください!

                              澤伎 映利沙
 


e_03.gif←ランキング参加中。
スポンサーサイト

2018年 5月

n2_0129.jpg


5月になったというのに、寒暖差が大きくて、洋服選びが大変ですね。


風水気学では、今年は火と水を意味する星に災厄の暗示が。

天候不順はまだまだ続きそうです。


とはいえ、梅雨前の心地よい気候を味わえるのは、今だけ。

この季節は家具の配置換えに最適です。

大きな家具は、高さを揃えるようにしましょう。


ソファや椅子の位置を変えるのもいいですね。

背後にドアや窓がないように座ると、気が整います。

向きが変わるだけで、新しい世界が開きます。


快適風水で、清々しい季節を満喫してください。

                   澤伎映利沙



e_03.gif←ランキング参加中。

2018年 4月

b5465d7a2c8969dca2eb254105e5aa61_t.jpg


新しい職場や、新しい人間関係が始まった人もいると思います。

新しい環境に馴染もうと、一生懸命になるため、

この季節、ストレスを感じやすくなりますね。


家の中が「陰の気」で満ちていると、疲れが取れません。

冬の「陰の気」を吸い込んだファブリック類は、クリーニングしましょう。

衣類ももちろんですが、カーテン、クロス類、シーツ類、玄関マットも!


そして、リビングのコーナーには、春の花や観葉植物を飾って、

「陽の気」を取り込みましょう。

部屋の隅は、埃が溜まるだけでなく「気」も溜まる場所ですから、

家の中の「気」のリフレッシュになります。


快適風水で、うららかな春をお楽しみください。

澤伎映利沙



e_03.gif←ランキング参加中。

2018年 3月

つくし


日差しも空気も、すっかり春らしくなってきました。


東からの光、風は春を意味します。

同時に東は、先へ伸びる、進化する、開拓するなどのパワーもある方角です。


発展する家に、東の開口部は大切!

家探しの時には、東が欠けていないか、開口部があるかをチェックしましょう。

今のお家の東の窓も、キレイにしておきましょう。

埃がたまっていたり、曇った窓ガラスじゃ、せっかくの東のパワーも台無しです。


長く厳しい冬が終わり、土をかき分け芽を出し、蕾は殻を破って花開き始めるこの時期。


人間も、自然界の一部です。

たっぷり春の息吹を浴びてください!

新しい芽を出しましょう!


健やか風水で、春を満喫してください。

澤伎映利沙



e_03.gif←ランキング参加中。

2018年 2月

梅1

今年もインフルエンザの季節になりました。

もらわない、うつさない、にはこまめな手洗いとうがい、
そしてマスクが不可欠です。


マスクには着用だけでなく、捨て方にも大事なポイントがあります。

マスクは何日も使用せず、外から帰ったら使い捨てましょう。

耳から外したら、マスクの表側を触らないようにして、捨てます。

ウイルスや菌は表側にくっついているからです。

素手で触ると手について、何かの拍子に体内に入ってしまいます。

これではマスクをしている意味がありませんね。


節分を越えると、「立春」です。

春の花を飾って、「陽の気(春の気)」を呼び込みましょう。


健やか風水で、元気にお過ごしください!


澤伎映利沙



e_03.gif←ランキング参加中。
 | ブログトップ |  » ▲ page top