プロフィール

projectk

(株)巧建築企画(東京都中央区の一級建築士事務所)の建築日誌
現在建築中の”建物”の設計から竣工までの物語を公開しています。


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


ご訪問ありがとう!

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

  RSSリーダーで購読する

My Yahooへ追加

Google Readerへ追加

高円寺南2丁目PJ 地下躯体工事

地下配筋

高円寺南2丁目PJの工事の状況です。

地下躯体の配筋が完了したところの写真です。
職人さんの手によって、配置、結束された鉄筋はとても美しく、現場でいつも見とれてしまいます・・・。
山留め壁に黒く塗られているのは防水材で、建物地下への水の侵入を防ぐのはもちろん、地下躯体が直接水に触れることを防ぎます。

この後、コンクリートを打設するための型を作る型枠工事、そしてコンクリートの打設と工事は進みますが、型枠工事では大工さんが釘を打つ音、コンクリート打設時はミキサー車の音、また打ち込み時の振動と近隣住民の皆様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解頂きます様お願い致します。


e_03.gif←ランキング参加中。
スポンサーサイト

笹塚PJ 753に行ってきました

ディアレストKEIO笹塚 753昨年完成した、笹塚プロジェクトこと「ディアレスト KEIO 笹塚」の地下に、カフェ&バ?753(なごみと読みます)がオープンしたので、仕事帰りに足を伸ばしてきました。
753は、当社が設計(デザイン協力を林デザイン事務所)をさせていただきました。品揃えまでは設計していないはずなのですが、芋焼酎が10種類以上、鯵のなめろうや韓国風奴等々、酒も料理も私の好みにぴったりで(味も絶品です)、大変いい気分で少々飲みすぎてしまいました。
平日は18:00?翌朝5:00まで営業しておりますので、ゆっくり過ごしたい方には特におすすめです。ぜひ皆さまもお出かけください。


e_03.gif←ランキング参加中。

笹塚PJ 竣工のご報告(遅くなりました)

ディアレスト 竣工写真

笹塚プロジェクトこと「ディアレスト KEIO 笹塚」が竣工しました。

命名は、「親愛なる」の英語訳である『dear』の最上級からきているそうです。
階によって白と黒がそれぞれ基調となっており、廊下の色が違います。廊下の色に合わせて扉の色も変えてありますので、全く異なる雰囲気になりました。住まう方の生活のいろどりに、廊下も一役買っているといいですね。


e_03.gif←ランキング参加中。

笹塚PJ 竣工報告--その2

笹塚 間取り笹塚プロジェクトの竣工報告です。
今日は賃貸部分のご紹介です。





笹塚 賃貸以前こちらの記事でもご紹介しましたが、部屋とキッチン部分との仕切りに半透明の引き戸を使う事で、キッチン部分に部屋の光が入り、明るく広く感じます。建具は落ち着いた色目を使い、部屋の雰囲気をすっきりと見せています。
キッチン奥に見える扉はトイレです。バスとトイレは別で、バス横は洗面台のある脱衣所になっています。



トイレには、窓の代わりにガラスブロックが埋め込まれています。外の光をうまく取り入れつつ、しっかり目隠しにもなっています。
足下がフローリング調になっているので、ガラスブロックと相まってちょっとおしゃれな雰囲気になっています。






笹塚 店舗オーナー様のお店も無事新装オープンし、賃貸部分のご入居も始まりました。
地域の皆さまのご理解とご協力に支えられて、新しいビルが第一歩を踏み出しました。








e_03.gif←ランキング参加中。

笹塚PJ 竣工報告--その1

笹塚プロジェクトが無事竣工し、年明け早々にお引き渡しをしました。
今回はオーナー様の住居部分のご紹介です。

笹塚 オーナー様ご住居入り口は黒みの強い格子戸を使いました。格子戸は『和』をイメージさせますが、色目によって、伝統的な印象を強くしたり、逆に今はやりのモダンな雰囲気になったりもします。光取りのガラスブロックと相まって、和モダンの印象の玄関に仕上がりました。





リビングにはカーテンの代わりに障子が取り付けられています。日中の日差しも、この障子を通して柔らかくなり、部屋全体が落ち着いた雰囲気になっています。
障子は雪見障子です。下半分を上部に上げられる事で、適度な目隠しになりつつ、外の景色とのつながりが出来、部屋に広がりが生まれます。


和の雰囲気を大切にした、オーナー様のこだわりが光る、素敵なお住まいに仕上がりました。


e_03.gif←ランキング参加中。
 | ブログトップ |  » ▲ page top