FC2ブログ

プロフィール

projectk

(株)巧建築企画(東京都中央区の一級建築士事務所)の建築日誌
現在建築中の”建物”の設計から竣工までの物語を公開しています。


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


ご訪問ありがとう!

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

  RSSリーダーで購読する

My Yahooへ追加

Google Readerへ追加

2018年 11月

毛布


幻覚を見たことはありますか。
誰でもみています。
寝ている間に見る夢は幻覚なのです。

身体が寝ているから幻覚を見ていてもいいけれど、夢を見ながら動いてしまうのは夢遊病。

こうなると睡眠障害ですね。


風水気学では枕の位置も運気アップの1つ。
窓際ギリギリは避けましょう。
梁の下に枕がくるのもお勧めしません。
物件を選ぶ際には、梁の場所も要チェックです。

睡眠はデリケート。深層心理にあるものが湧き起こってきます。

良い目覚めのために、睡眠の質を上げたいですね。


体調を崩している人が増えています。
睡眠の質を整えて、快適風水で健やかにお過ごしください。

澤伎映利沙



e_03.gif←ランキング参加中。
スポンサーサイト

2018年 10月

かさ

ゲリラ豪雨が終わったと思ったら、次は台風の季節。
しかも記録的な暴風雨です。

さて、台風も来る、秋雨前線も居るこの時期は、傘が欠かせません。

家に帰った時、さしてきた傘をどうしていますか?

玄関先の傘立てにさしたまま、気づいたら乾いていた、ということはありませんか。

濡れたままの傘を玄関に置きっぱなしにすると、玄関の湿度が上がり、カビや雑菌の繁殖しやすい環境になります。

玄関は最も重要な場所。

良い気を迎え入れるために、清浄を保つべき場所が、ジメジメした陰の気で満ちてしまっては家の運気が下がります。

濡れた傘は、早めに乾燥させましょう。

傘立てに溜まった水も、こまめに捨てるほうがいいです。

雨があがったら、傘立てを日光消毒するのもおススメです。

快適風水で健やかにお過ごしください。
                                                                澤伎映利沙



e_03.gif←ランキング参加中。

2018年 9月

塩2


とある講座で、豆腐を作りました。
できたての温かい豆腐は、塩をかけるだけで美味しい!
いつまでも暑い夏に、塩のありがたみを改めて感じました。

塩と水と私たちの関係は深いです。

塩は水分や湿気を吸収し、細菌の繁殖も抑えます。

実はそれだけではありません。風水で水が意味するものは、邪気、霊、目に見えない陰の世界なども含まれます。
必要とされないジメッとしたものと考えれば、共通していますね。

塩はこれらを吸収し、私たちを守ります。

店先や室内の隅に置かれている盛り塩も、そんな意味があるのです。

我が家でも昔は、お米をカラカラに煎って、塩の瓶に入れ、自然の乾燥剤にしていました。

風水ライフはスローライフ。できることから始めてみませんか。

季節の変わり目、快適風水で健やかにお過ごしください。

                                                澤伎映利沙



e_03.gif←ランキング参加中。

2018年 8月

香取線香

形にも、作用があるのをご存知ですか。

尖ったもの、先端、鋭利な角は、向いている方向にエネルギーの乱れを起こします。

三角形の角がこちらを向いている状態のことです。

落ち着かない気持ちになります。

リビングや寝室で自分のいる場所から周りを見回してみてください。尖ったものが見えませんか?

なんだか調子が悪いと感じている方、暑さのせいだけではないかもしれません。


今までの経験値が通用しない異常気象が世界規模で今後も続くといわれています。

ということは、

環境を知り、自然界の摂理を学び、そこから知恵をつけていく必要があるといわれている気がします。


快適風水で、猛暑を乗り切ってください。


                                                澤伎映利沙



e_03.gif←ランキング参加中。

2018年 7月

入道雲


夏至が過ぎ、日照時間は減り始めるけれど、暑さは増していく時期。

各地で巨大な雨雲が、急速に出来上がって、ゲリラ豪雨を降らせています。

水は排水され、海へ還る、または地下水となって、湧き水から川になり、やはり海へ還ります。

ダイナミックな水の循環ですね。

地球は水の惑星ですから、私たちは、水の循環の影響を受けて暮らしています。

例えば、もともと稲田だった場所は、湿気がたまりやすいし、池や川が近い場所、埋め立てた場所も同じこと。湿気対策や水害への対策を取る必要があります。

その土地の性質を知ることも大切です。

時代を遡ってどんな土地だったか、何があったかなど、調べてみるのも浪漫がありますね。地名や言い伝えなどにも、参考になります。

体内の水の循環はデリケート。温度や湿度、体調や食事などによっても影響されます。早めの水分補給と休養を!

快適風水で、健やかにお過ごしください。

                                                             澤伎映利沙



e_03.gif←ランキング参加中。
 | ブログトップ |  » ▲ page top