プロフィール

projectk

(株)巧建築企画(東京都中央区の一級建築士事務所)の建築日誌
現在建築中の”建物”の設計から竣工までの物語を公開しています。


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


ご訪問ありがとう!

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

  RSSリーダーで購読する

My Yahooへ追加

Google Readerへ追加

2017年  12月

釣鐘


今月は冬至がやってきます。
冬至にはかぼちゃと柚子と言われます。
そこにも、色々な意味が込められていますが、栄養の面でも理にかなっています。

かぼちゃには免疫力のビタミンA。
柚子には抗酸化作用とコラーゲン生成を助けるビタミンC。
抵抗力が弱まり、乾燥が進む冬にはどちらも大切ですね。

忘年会、クリスマス、大掃除、お正月の準備と、大忙しなときこそ、
先人の知恵と科学を、老いも若きも取り入れて、みずみずしく若々しい身体を維持しましょう。

お正月の飾りは、玄関や床の間などのお客様を迎える場所や、リビングなどの家族が集う
明るい場所に飾りましょう。

普段とは違う「ハレ」の気分の演出です。

今年の締めくくりも、健康風水で健やかにお過ごしください。        澤伎映利沙




e_03.gif←ランキング参加中。

2017年 11月

銀杏2


木枯らし1号が吹き、いよいよ冬の到来です。
今月は立冬を迎え、山も木々も紅葉が始まっています。

そういえば、木の葉が赤く色づくのは光合成でできた糖分が作用しているのだとか。

樹木が冬支度を始めた証だそうです。
自然界の変化に合わせて、植物も適応しているのです。

私たちも実は同じことをしています。

太陽光を浴びることで、人間の体内で作られているビタミンD。

冬になると日照時間も光の強さも減りますから、不足してしまいます。
ビタミンDはカルシウムの貯蔵にとても大切。

寒くなると運動量が減りますから、骨が弱くならないようにしたいですね。

ビタミンDを補うサプリもありますが、取りすぎは禁物です。

お家の採光はいかがですか?

朝日の入る東の窓は、発展運。
東南に窓があるリビングは家庭円満の、開運方位です。

快適風水で、健やかにお過ごしください。

                                    澤伎映利沙



e_03.gif←ランキング参加中。

2017年 10月

フロ


秋らしくなってきました。
季節の変わり目です。
朝晩の寒暖差が大きくなってくると
自律神経が乱れます。

気持ちが落ち込んだり、嫌なことばかり考えたり、イライラしたり。
風邪をひきやすかったり。
そんな症状は、秋めいてきた寂しさのせいばかりでもありません。

心と体を休ませてあげましょう。
お勧めは、ぬるめのお風呂に浸かってリラックス。
38度~40度が効果k的です。
41度を超えると、体の機能が活発になってしまうのです。
とは言っても、熱いお風呂が好きなかたもいるでしょうから、ご自分のお好みで
ぬるめだな、と感じる程度でお試しを。
リラックス効果を求めるなら、シャワー浴は不向きです。
アロマもあわせて使うと、さらにリラックスできそうですね。

秋の夜長、快適風水でゆっくりお休みください。
                                 澤伎映利沙


e_03.gif←ランキング参加中。

2017年 9月

カーテン2


一白水星の年らしく、まさに水を象徴していました。

暑すぎるのも辛いですが、太陽は様々な恵みをもたらします。
人体の血液循環を良くし、覚醒と睡眠のサイクルを調節しています。
太陽光の役割は、農作物の育成だけではないのです。

太陽の恵みを得られていないと、
寝つきが悪かったり、不眠になったりしがちです。
寝つきを良くするには、
湯船に浸かる、または足湯がおすすめですが、
大事なポイントはこれです。

身体が温かいうちに横になりましょう。

一旦上がった体温が元に戻っていくときに、眠気がやって来ます。

快眠の天敵は、実はスマホ、タブレットやPC。
寝る前には操作しないようにしましょう。
風水では、電磁波の出るものは寝室に持ち込まないのが原則です。
そして寝室には、朝の光を取り入れて。

快適風水で、夏の疲れをゆっくり癒してください。

                               澤伎映利沙



e_03.gif←ランキング参加中。

2017年 8月

炭


今年も残暑が厳しそうです。
この季節、人間がバテ始める頃、逆に元気になるものたちがいます。
「菌」です。

菌の繁殖に最適な環境をご存知ですか。
気温20-30℃、湿度70%
湿度が上がると急激に繁殖します。
この時期、怖いのは食中毒です。

買い物時、生の肉魚類は他のものと分けて、別の袋に入れましょう。
生ものを切るまな板は、生物専用にし、使った包丁は熱湯をかけて消毒。
生ものはもともと菌を持っていますから、条件が揃うと一気に繁殖し始めます。

火を入れたものも、実は注意が必要です。
夏の間は常温が危険な温度なのです。
冷めるまで放置せず、速やかに温度を下げて、小分けして冷蔵庫へ。

冷蔵庫には、風水の万能グッズ「炭」を入れておくことをお勧めします。
炭には消臭殺菌効果もあり、陰陽のバランスを取ってくれます。

快適風水で、健やかに残暑を乗り切ってください!

                                  澤伎映利沙



e_03.gif←ランキング参加中。
«  | ブログトップ |  » ▲ page top